VIEW CART >

  • Home
  • > KOJOE x OLIVE OIL / blacknote [CD]

KOJOE x OLIVE OIL / blacknote [CD]

巷で発売が待たれていたKOJOEとOlive Oilのジョイントアルバム”blacknote”が完成。オンラインストア 特別価格!
  • 価格:2,500円
  • 在庫あり
  • 注文数:

artist : KOJOE x Olive Oil 
title : blacknote 
label: LION (OILWORKS Rec. x ON Records)
cat : LION001
format : CD
release : 2014年07月02日(水)
price : \2,500yen + tax
 
Track List
01. Out of Breath
02. Gunpoint
03. Rodeo feat. 道
04. 回る feat. RITTO & 田我流
05. Shine
06. 外人
07. Chilaxxxation feat. 5lack
08. Nation
09. Perfect Trauma
10. Who ey hoe
11. imperfections
12. 黒帳 / blacknote

All Tracks Produced by Olive Oil
 
 
どの時代でもクラシックと言われる作品は地下で真の輝きを放ち、闇の中で強く生き抜き、陽を浴びる事が出来ぬ儚い命を優しく、時に厳しく照らす。この人生と言う名の映画にてそれぞれの想いを馳せ、その生涯を全うするまで、どれだけの人達が"命"を感じる音楽に出会い、その"命"を各々の人生のサントラにする事が出来るのだろう。"命"と呼ぶには程遠い音楽が蔓延する現世においてここ日本で初めてKOJOEは紛れも無い"命"の職人と出会う事になる。その名はOlive Oil。福岡を拠点とするOILWORKSの首謀者である。魔術師とでも言おうか、自由自在にその "命"を操りKOJOEは何かに取り憑かれた様にペンを走らせた。"命"に導かれるまま、"音"が語りかけてきた事を何も逆らわずにただ答えるだけ。 正に"命"と"人"、"Olive Oil"と"KOJOE"の"命"の会話が本作「blacknote」である。しかしこの「blacknote」、音楽だけでは完璧な作品とは言えない。アルバムを体験する上で入り口とも言えるアートワークが無ければ顔無しのっぺらぼう同然である。音が無くともその"命"を感じさせてくれる絶対的なアートを操るもう一人の職人がPopy Oilである。少年が握るグロックから放たれる音符の銃弾が、日本を握るスーツ姿の政治家風の男の頭をぶち抜く。飛び散る闇と光に込められたメッセージは歌詞よりも深く突き刺さり、リスナーの想像力を掻き立て、音の無いハーモニーを奏でる。 あまりにも強いインパクトのジャケットではあるが、KOJOEは期待に応えた内容の濃いアルバムを完成させた。闇から産まれた言葉を書き連ねたノート。それが「blacknote」である。この3人のハーモニーがここに"命"の宿ったクラシックを誕生させた。
 
 

Comment:
アメリカが、もはや一概には、白人優位社会とは言えなくなって久しいが、たとえば伝統的なブラック・ミュージック、すなわちアメリカのアフリカ系のソウル・ミュージックは、日本で暮らす我々が人生の苦境に立ったときに、前向きになれる力をいまもなお持っているのだろうか? 彼らの過酷なゲットーと我々のこの空しいゲットーとを繋ぐ回路はあるのだろうか? コージョーとオリーヴオイルは「ある」と答えるだろう。ラップは生き生きとリズミカルで、素晴らしいフローを持っているが、同時に深いエモーションをもって突き刺さる。トラックは、オリーヴオイルらしい魅力的な実験を展開しながら、ロータリー・コネクションからUKレゲエのアズワドまでと、彼のブラック・ミュージックへの愛情が随所に見られる。
by 野田努
 


♪KOJOE (コージョー)♪
新潟県十日町市に生まれ、転校に転校を経て群馬県高崎市に辿り着く。1996年、17歳の時に渡米を決意、NEW YORKへ渡る。日本に帰国後、「KOJOE TUESDAYS」と題し、2011年3月から7月の4ヶ月間に渡り、今までにないハイクオリティー音源の無料配信を決行し、それから4枚立て続けにMIX TAPEをリリース。その全てが都内の主要専門店のチャートでNo. 1を獲得。また、US発のコンピレーションで、Raekwon、そしてKuruptと共演した楽曲が、他の強豪を退きファーストシングルを勝ち取るなど話題が尽きない。1枚目のアルバム「Mixed Identities 2.0」で、ラッパー、歌手、プロデューサーとしての存在感を証明し、2枚目「51st State」では、KOJOE自身がずっと苦悩してきた日本人の在り方を世界に訴えかけた。この男の動きは見逃せない。


♪Olive Oil(オリーヴオイル)♪
南の楽園を設計夢見る男。奄美諸島徳之島出身のDJ / リミキサー / プロデューサー。国内外様々なレーベルから作品を発表、ツアーも精力的に行うなど、日本全国、全世界へとOILWORKSの世界観を発信。08年にセカンドアルバム"Spring Break"をリリースし、シングルカットされた12inch "PIANITY ep"は、GILLES PETERSON (UK)も絶賛、BBC RADIO1にてPLAYされる。これまでもK-BOMB (THINK TANK)との楽曲制作や、B.I.G. JOE、環ROY等のMCのPRODUCEやPETE ROCK & C.L. SMOOTH、DE DE MOUSEのREMIX、イタリアの老舗レーベル"SCHEMA"、"mule musiq"のコンピレーションに参加する等、幅広く、そして深い音楽を実験的にPOPに昇華。DJとしても高い評価を集めており、BETA BODEGA"(US)、JAZZ & MILK (GER)のレーベルオフィシャルMIX CDのリリース、EUの "Mondayjazz"、L.A.の"Rhythm Incursions"等のWEB RADIOにMIX提供を行う。自身の作品では、FILE RECORDSより、"Spring Break"のアウトテイクスアルバム"α"、09年12月にはK-BOMBとの"666xxx"のリミックスアルバム、グラフィティアーティストFUTURAとコラボレーションした"Picture 12inch Vinyl"をリリース。また、3rd Albumとなる"Space in Space"(mule musiq)は2010年2月に全世界リリースし、欧州でも取り上げられる等高く評価を集める。同年7月にはILL-BOSSTINO、B.I.G. JOEとの"MISSION POSSIBLE"を発表、KRS ONEのREMIX、DJ PERRO feat. O.CのREMIX等も行う。12月には未発表音源から、新曲を織り込んだオリジナルミックス"Mid Night Cowboy"をリリース。2011年にはHamacideのREMIX、05年に発表し入手困難となっていた1st Album "Full of Special Memories"をリマスタリングして再発、Oto ILL名義でのアルバムを発表、ストリートブランド:X-LARGEへのノベルティMIXを提供。2012年には新曲を収録した"SOUTH TIME MIX"、"eFK MIX"、MC FREEZのソロアルバムのリミックス"It's All Ova Remix"、Bandcampで作品を発表。ストリートブランド:STUSSYへのノベルティMIX提供、ヨーロッパ、L.A.、中国(上海・杭州)ツアーでのライブ等、ワールドワイドに活動を広げる。7月には作品集"SOUTHTIME EP"、10月には海外制作第1弾となる"Far from Yesterday"を発表。ストリートブランド:STUSSYへのノベルティMIX提供、ヨーロッパ、L.A.、中国(上海・杭州)ツアーでのライブ等、多岐に渡って活動を広げている。7月には作品集"SOUTHTIME EP"、10月には海外制作第1弾となる"Far from Yesterday"を発表。2013年にはクラシックとなった、5lack a.k.a. 娯楽とのアルバム"5O"は各方面でチャートインを記録し、5月にはそのリミックスアルバム"5O REMIXES"と海外制作第2弾作品"LEFT & RIGHT"を同時リリース。2013年12月には、初となるOILWORKSのTOUR DVD、KOJOEとのアルバムに先駆けたリミックスアルバム "REMIX TAPE”を発表。L.A.の"Delicious Vinyl"でのインストアライブ、ドイツの機材メーカー"Native Instruments"、hpの"Beats Audio搭載タブレット"で特集が組まれる等、活動も多岐へ渡る。ワールドワイドでありながらアンダーグラウンドシーンとも密接に結びつく多彩なフィールド感覚に注目を集めている。
 


この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています。