VIEW CART >

  • Home
  • > DJ Zeek x DJ Zorzi / Sound Talk vol.3 [MixCdr]

DJ Zeek x DJ Zorzi / Sound Talk vol.3 [MixCdr]

INNER SCIENCE、MASS-HOLEと続いた人気シリーズ"Sound Talk"の第3弾は岡山を拠点に活動するDJ Zeekと、Zorziによる音楽会話。
  • 価格:1,200円
  • 在庫数 : 0 枚
artist : DJ Zeek x DJ Zorzi
title : Sound Talk vol.3
format : mixcdr
pirce : 1500yen (tax in) → SpecialPrice 1200yen
cat : talk003
release : 2012/4/29

Mixed by DJ Zeek & DJ Zorzi
Artwork by SHAR & GRUS
Mastered by VANDA @ rugged layout studio

試聴

[info]
INNER SCIENCE、MASS-HOLEと続いた人気シリーズ"Sound Talk"の第3弾が登場。
今回は岡山を拠点に活動するDJ Zeekと、Zorziによる音楽会話(サウンドトーク)。
さらにアートワークでも仙台を拠点とするグラフィティアーティストSHARと、Zeekの盟友でもあるGRUSによる絵会話(アートトーク)。
表ジャケットは、ステッカーとなった特別仕様。

[Comment]
手紙の封を丁寧にゆっくりと開けるように、
開いた瞬間から流れて来る音に自分を委ねてみる。
開けた便箋のデザインを眺め返すように、
ジャケットから溢れるイメージや状況のシンクロが鳥のように羽ばたいていく。
ゆっくりと、遠くへ。

言葉を使わない会話。
こみ上げる笑いを我慢する子供のように、
気持ちを伝え合う事だってここでは可能だ。

別の場所で培ってきた経験や行動が、時間や距離をも超えて出会う瞬間だってある。
九州本島・北部は福の岡から見上げてる戦士が、
遠く備前は吉備の里・岡の山に住む鬼とのセッション。

DJ ZORZIという名のセンスと、DJ ZEEKという名のセンスが、
選曲やミックス、あらゆる技法で聴く者の時間をねじ曲げてしまう。

そして二人の音に触発されたかのようなアートワークは、間違いなくBIG BOMB!
仙台からの、研ぎ上げてきたラインで多くの人をロックするグラフィティライター「SHAR」の分身Cchanと、
それを引き起こすかのようなデザインは、岡山から鬼の住人「SGR」が見せつける!

東から西、西から東へと。
視覚と聴覚すら超えた場所へと訴えかける「何か」がある作品だ。

このMIXCDは問題ありのなしだ
comment by namba nobuki (trees/marker studio)


[Profile]
●DJ Zeek profile
晴れの国 岡山出身のDJ。
Underground Hip Hopを中心に、Jazz、Soul、Electronica、DubStepなど様々なジャンルを織り交ぜ音を奏でる。
現場で磨き上げられたスクラッチや二枚使い、超絶なミックスのスキルに、ZEEK独特の選曲をスパイスにしたPLAYは必見の価値あり。
また、盟友L.M.DOGGのLIVE DJとして活動の場を広げる。
自身の作品は、これまでに多数のMIX CDをリリースし、09年にはOILWORKS Recから限定MIX CD【Drive TechnicS】をリリース。
数々の現場でDJとして活動し、現在ではトラック制作も行い、【グラフィティドキュメント DVD / KILL THE CITY】、【OILWORKS V.A / The Visionaries】、などに楽曲を提供。
独自の活動を展開し、常に自分らしさを表現し続ける、今後の活動に注目が集まるDJである。


●DJ Zorzi profile
福岡を拠点に、場所を問わず様々な現場でプレイを重ねる。
独自のフリーキー且つオリジナリティ溢れるDJ Styleで全国各地、数々の現場を熱く揺らす。
09年にはDJ YAS主催 "Mixing Summit vol.2"に全国のDJより選出される。
これまで数々のMix作品をリリースし、11年にはEUのWEB RADIO "Monday Jazz"にミックス提供し評価を得る。
同年JET SET RECORDSのコンピレーション"THERE IS MUSIC"、"OILWORKS V.A / The Visionaries"に楽曲提供から、
Hamacideのリミックス等を行う。ICHIRO_の音源のみを使用したDJ MIXも好評を集める。
今後もオリジナル・ミックスや、楽曲発表等、表現を拡大する。

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています。